18日、小野田署でシニア対象の運転適性検査

 高齢ドライバーを対象としたシニアいきいき診断教室が十八日、小野田警察署で行われた。老人クラブの十五人が、県警の運転適性検査車(さわやか号)のシミュレーションに挑戦し、自分の運転適性を知った。高齢者の死亡事故抑止を目的に今年から始まった県警の取り組み。
 参加したのは、市小野田地区老人クラブ連合会の六十八-八十四歳。さわやか号では三人同時に検査を受けることができ、画面と向き合ってさまざまな検査にゲーム感覚で挑戦。終了後、年齢に応じた反射神経や注意力、判断力などを五段階評価した成績が個別に渡された。

 さわやか号の運転適性検査に挑戦する高齢者(小野田署で)

カテゴリー:アーカイブ2006年4月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single