05年度県内児童虐待まとめ 5割超が「子育ての怠慢・拒否」

 県中央児童相談所(山口市)は、二〇〇五年度に県内の児童相談所が受け付け・処理した児童虐待の件数をまとめた(速報値)。前年同期比十九件増の百九十七件で、過去最多を更新。
 虐待内容は、身体的が十七件で最も多く、怠慢・拒否の十四件を上回った。怠慢・拒否では「食事を十分に与えない」「しつけをしない」例が目立ち、保護者に事情を聞くと「自分もそうだった」「伸び伸びと育てている」などと、問題点に気付いていないケースが多いという。

カテゴリー:アーカイブ2006年4月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single