荒滝山山開き、地域住民ら100人が大自然満喫

 ハイキングシーズン到来を告げる宇部市の最高峰、荒滝山(四五九メートル)の山開き神事が十六日、山頂の明治天皇陶像前で行われた。地域住民ら百人が参加し、新緑や古里の大自然を満喫した。
 参加者は上荒滝バス停や犬ケ迫駐車場から山頂へ。前日の悪天候でぬかるんだ場所もあったが、老若男女が思い思いのペースで登っていった。道中では、くぐり岩などの名所を巡る人もいた。山頂に到着すると、広げたシートの上などに腰掛けて一休み。少しかすみがかっていたが、三百六十度の大パノラマに、感嘆の声を上げていた。子供たちを対象にした大宝探し大会もあり、参加者は自然いっぱいの休日を満喫していた。

 神事に臨む参加者(荒滝山山頂で)

カテゴリー:アーカイブ2006年4月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single