16日、荒滝山山開き

 最も早く咲くツツジの一つがミツバツツジ。宇部市の最高峰、荒滝山(四五九メートル)では、あちこちに赤紫色の花が咲き、山の中でアクセントになっている。枝先に花びらを三枚付けるため、この名がある。山の尾根や岩場などに生え、葉が出る前に花が咲くのが特徴。
 十六日午前十一時からは山頂で、新緑の季節の訪れを告げる山開きの神事がある。これに合わせて大勢のハイキング愛好家らが登山を楽しむ。

 登山客を待つミツバツツジ(荒滝山登山道で)

カテゴリー:アーカイブ2006年4月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ