市民児協総会、資質向上で研修にも力

 山陽小野田市民生児童委員協議会(久岡幸一会長、百五十八人)の総会は十四日、市民館であり、地域住民の立場になって相談、支援活動に取り組んでいくことを申し合わせた。研修にも積極的に参加し、複雑多様化する問題に対処できるよう資質向上も図っていく。
 重点目標は「ふれあいのネットワークづくり運動の積極的な推進による個別援助活動の充実」「民生委員、児童委員活動の諸課題に関する研究協議」「地区民児協活動の活性化」「民生委員、児童委員の資質向上に向けた研修への参加」「関係機関、団体との連携強化」を掲げた。市の緊縮財政で、補助金が減額されているが「金額の多寡にかかわらず、知恵を出し合って研修を推進しよう」とした。

 あいさつする久岡会長(市民館で)

カテゴリー:アーカイブ2006年4月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single