清中鮮魚に今シーズン初の氷見産天然寒ブリ入荷

 宇部市松島町に本店を置く清中鮮魚(清中敏明社長)に9日、国内最高級ブランドとして知られる富山県氷見産の天然寒ブリが今シーズン初めて入荷した。水揚げ高が少ないことから価格は昨年より1割高だが、12月限定の「日本一の味」とあって、既にすし店や料亭から引っ張りだこという。
 氷見港のある富山湾は餌が豊富なため、日本海特有の厳しい寒さと荒波で身が締まっているだけなく、脂の乗りも“特級品”。同店では清中社長が「最高の味を提供したい」と現地に足を運んで直接交渉し、2年前から「価格よりも品質重視」で仕入れている。

 清中鮮魚に入荷した最高の食味で知られる氷見産の寒ブリ(9日午前10時ごろ、同本店で)

カテゴリー:アーカイブ2005年12月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single