体育施設などの利用・使用料値上げで1600万円の増収見込み

 十二月定例宇部市議会に上程されている体育施設や文化会館など計二十二施設の利用・使用料金値上げについて、増収の見込みは約千六百万円。指定管理者制度を導入する体育施設の増収分は、指定管理料から減額することなどを、八日の議案質疑で市側が説明した。有料化する体育広場も、小・中学生の利用は原則無料。校区団体やジュニアリーダーなどは個々に申請を受けて、減免を考慮する。
 財務部の試算によると、増収の見込みは、男女共同参画センターが四十四万円、食肉センターが四十五万円、体育施設が計六百五十万円、記念会館が二百八十五万円、文化会館が五百二十八万円。「便益を受ける人と、受けない人がいるという市民間の不公平をなくす」という意図も示した。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single