広島と栃木の事件を受け山口県PTA連盟が緊急アピール発表

 広島市と栃木県今市市の小学校一年女児殺害事件を受けて、県PTA連合会(松井繁之会長)は六日、「二度とこのような事件が起きないよう子供たちの安全は地域全体で確保する自覚に立ち、自ら積極的に行動しよう」という緊急アピールを発表。県内各小・中学校PTA会長に送付した。
 アピールは「今回の事件は大きな衝撃を受け、憤りを感じる」とし▽早急に学校と地域が一緒に危険個所を確認し、具体的な対応を話し合う会議の開催▽学校、自治会、PTA、スクールガードなどが密接な連携を図る▽子供一人ひとりの登下校路の緊急点検を行い、対策を講じる▽警察への情報提供と警察からの情報提供を密接にする-の四項目。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single