山陽小野田市「出前講座」、ごみや子育てなど53講座

 山陽小野田市は、市の個々の業務について現状や課題を説明する「出前講座」を始める。これまでも合併問題などをテーマに不定期で実施してきたが、改めて各課のメニューを設定。PTAや自治会の集会などに職員が直接出向いて講話し、市民の疑問にも答える。
 メニューは、生活、消費生活、税金、年金・保険、子供、福祉、健康、教育、市政、都市基盤整備、交通安全、防災・救命、オートレースの各分野に分かれ、講座は「ごみの分別・減量化について」「知って得する税金の話」「わがまちの子育て元気プラン」「医療費白書と健康増進」「生涯学習や公民館」「広報紙の作り方」「都市計画って何?」「オートレースって何?」など、市民が知識を深めたい五十三講座を設定している。
 設定されているメニュー以外にも市民の相談に応じ、追加分は市のホームページで知らせる。受講希望者は、所定の申込用紙に記入し、開催日の二週間前までに市民活動推進課(電話82―1134、ファクス83―9336)へ。katsudou@city.sanyo-onoda.lg.jpまで。

カテゴリー:アーカイブ2005年12月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ