宇部高専 福屋教授と澤助教授が英語教科書を手作り

 宇部高専の福屋利信教授(54)と澤泰人助教授(34)は、英語教科書「ビートルズとU2を結ぶキーワード~アイルランド性」を手作りした。生徒が関心を持つ内容で、しかも文法などを理解しやすい工夫もされている。新年度から四年生のリーディング授業で使う。
 英語の原書や雑誌など“生の教材”を使うと、教科書としてはどうしても難しくなりがちだが、澤助教授が全体で七十五ページある教科書の中で、三分の一に当たる二十五ページに文法事項に関する注釈を加え、十分に理解できる内容になっている。
 澤助教授は「学生に学習の興味を持たせることは教える人間にとって永遠のテーマ。分かりやすい注釈になるように配慮した」と満足げだ。福屋教授は、「授業を受けるというより、この教科書を使い、週一回のテレビドラマでも見るような感覚で英語が身に付く授業をしたい」と話した。

 リーディング教科書を作った福屋教授(手前)と澤助教授(宇部高専で)

カテゴリー:アーカイブ2006年4月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single