産学連携で新ビジネス、コインランドリー式ペット専用シャワー

 新光産業(長谷川亮範社長)と宇部高専(幡中憲治校長)が共同開発した気体溶解量調整装置から発生するマイクロバブルが、ペット用洗浄機として、初めて商品化された。同社と藤村ポンプ(藤村光寛社長)が手掛けたもので、洗浄力に優れ、消臭効果もあるため、コインランドリー形式でのビジネス展開を計画している。産学連携から生まれた新ビジネス。ペット市場が活気づく中、宇部発の商品として、全国への波及を期待している。
 マイクロバブル(五十ミクロン以下の小さな気泡)の特性を生かした商品は、ペット専用のコインランドリー式シャワー「わんピカSHOWER」。装置から出る湯が特殊なシャワーヘッドにより、大量のマイクロバブルとなって噴射される仕組み。約三平方メートルの建物内には浴槽やドライヤーも完備。価格はコインタイマーも含めて二百三十万円。当面は厚南西割の藤村ポンプ内に設置。マイクロバブルシャワーとドライヤーいずれも五分三百円で試用できる。

 「わんピカSHOWER」の外観

シャワーヘッドから発生するマイクロバブル

カテゴリー:アーカイブ2006年4月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single