宇部市中央町3丁目が手づくり郷土賞受賞、定住人口増など評価

 国土交通省は二十八日、今年度の手づくり郷土(ふるさと)賞に宇部市の中央町三丁目地区まちなか再生事業など五十七件を選定した。同賞は地域の個性、魅力を創出する良質な社会資本整備、活動を大臣が認定するもので、今回が二十回目。伝達式は来年一月二十日に同省中国地方整備局である。
 中央町三丁目地区は、地域整備部門で受賞。土地区画整理事業の開始前から、一般住民を主体としたワークショップを開催し、統一感のある美しい町並みを実現。事業前に比べ、定住人口は飛躍的に増加し、子供も増えてきたことから自治体活動が活発化した。この結果、隣接商店街にも波及効果が見られ、官民協働による景観への取り組みのモデルケースとなっている。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ