12月1日宇部市定例市議会開会、過去最多の27人登壇

 宇部市議会は二十九日、議会運営委員会(三戸充委員長)を開き、十二月定例会の日程を、一日から十九日までの十九日間と決めた。上程されるのは五十八議案。一般質問は五日から七日までの三日間で、過去最多の二十七人が登壇する。合併の在任特例で議員数自体が四十七人と多いほか、前回の九月議会が衆院選と重なり、質問者が少なかったのが影響したとみられる。
 議案は一般・特別会計決算や指定管理者の指定、体育施設や男女共同参画センター、文化会館の利用・使用料改正など。初日は、宇部市職員と市長の給与に関する条例の一部改正、市議の報酬・費用弁償及び期末手当の支給に関する条例の一部改正について総合審議。上程議案の提案説明の後、一般・特別会計決算審査特別委員会を設置する。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ