「新行財政改革プラン」公表、市職員 5年で142人削減予定

 宇部市は三十日、「新行財政改革プラン」を公表した。二〇〇一年度から取り組んできた第二次行財政構造改革推進計画を基に、市民本位の改革を継続するため、新たに公営企業の取り組みを加えて策定。計画期間は〇五年度から〇九年度までの五年間で、定員適正化については、市全体の職員数を千八百五十九人から千七百十七人に、百四十二人(7・6%)削減する予定。国の示した削減率4・6%を上回る。人件費の削減効果は、十四億四千三百万円と見込んでいる。

 

カテゴリー:アーカイブ2006年3月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ