山口県内の自治体初、「市DV防止ネット」設立

 宇部市は、DV(パートナーからの暴力)問題に対応するため昨年末、「市DV防止支援ネットワーク」を設立。ネットワークを通じた効果的な支援がなされている。関係機関の横の連絡を徹底した、県内自治体としては初のネットは「男女の人権に関する問題解決の有効なシステム」と注目を浴びている。
 DV問題は啓発推進も奏効し、ここ数年、クローズアップ。市男女共同参画センターでは、それまであった相談窓口を強化し、二〇〇二年から「男女の人権に関する相談窓口」(月-金曜日午前八時半から午後五時十五分)を開設した。相談の総件数も増えているが、昨年度は全体の半数近くだったDV相談が、今年度は八割を超える見込みだ。
 男女の人権に関する相談窓口(電話33-4649)は予約制となっている。

カテゴリー:アーカイブ2006年3月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ