山陽小野田市の退職勧奨に19人

 山陽小野田市が勤続二十年以上の職員を対象に募集していた退職勧奨に、十九人が応じていたことが、二十五日までに分かった。
 対象年齢は三十八歳から五十九歳までで、勧奨に応じたのは大半が五十歳代。係長級以上の役職者となるが、どの部局、出先機関かは、職場への影響なども考え、現時点では公表しない。退職金は勤続年数や役職で異なる上、希望退職には加算措置がある。五十歳の職員で試算した場合、七百万円が上乗せされ、二千七百万円前後になるという。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ