市社協新規事業、通所介護事業所増設やDV被害者支援など

 宇部市社会福祉協議会(中村勝人会長)の評議員会は二十九日、福祉会館であり、新年度予算や事業計画を承認した。新規事業では、楠地区に通所介護事業所を増設する。関連議案も可決した。そのほかの主な新規事業は、生活福祉で、DV(配偶者などからの暴力)による被害者など要援護者にシェルターへの移動費を支援。高齢者福祉では、介護保険法の改正に伴い指定介護予防サービス事業を推進する。
 新規事業には含まれていないが、福祉情報の提供と共有を果たすため、ホームページを新たに開設。

カテゴリー:アーカイブ2006年3月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ