児童生徒の安全は地域で 宇部署も見守り強化要請

 宇部市内では九月以降、児童・生徒が車に無理やり連れ込まれそうになる事件が相次いでいる。二十一日にも起きたが、犯人は逮捕されていない。翌二十二日には広島市で小学一年生の女児が下校中に殺害される事件が発生。これらを受けて、宇部市教育委員会や宇部警察署は警戒を強め、被害防止策の再徹底に乗り出している。「子供110番の家」「見守り隊」など地域組織への期待も高まっている。
 宇部署は二十四日、市教委に対して▽教職員や保護者による登下校の安全確認活動の強化▽児童・生徒と保護者に対する安全教育・指導の徹底▽地域団体への活動強化の依頼-などを要請。県教委も同日付で同様の内容を、市町村教委や各校に文書で指示した。

 子供たちの安全を見守る地域のボランティア(25日午前8時ごろ、常盤校区で)

カテゴリー:アーカイブ2005年11月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single