「青少年ミーティング」で中・高生と大人が意見交換

 山陽小野田市ふるさとづくり推進協議会(安部寛二会長)主催の「青少年ミーティング」は二十三日、きらら交流館で初めてあり、市内の中・高校生と大人が意見交換し、お互いの考えや主張への理解を深めた。
 青少年健全育成強調月間にちなんだ行事。これまでは健全育成、教育、地域関係者を集めて大会、講演会を開いていたが、まず、見守るべき児童・生徒の本音を知り、大人への意見を聞こうと、グループミーティングを独自で企画した。お互いに打ち解けるためのレクリエーションを経て、大人と中・高校生混合の六グループを編成し、館内の宿泊室、研修室に分かれて「夢、将来、自由、ふるさと、家族」をテーマに討論した。

 テーマを決めて討論するグループ(きらら交流館で)

江沢教育長の講評を聞く参加者(きらら交流館で)

カテゴリー:アーカイブ2005年11月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single