ベッコウトンボ個体数の復元例は国内初

宇部市が原地区の前開作左下ため池の改良工事に伴って実施したベッコウトンボの保護対策について、市の保護検討会(委員長・林英樹市耕地課課長、七人)に所属する専門家たちは二十四日、原ふれあいセンターで開かれた検討会の席で「ベッコウトンボの生息地で、人の手が加わって個体数が復元された例は国内初」と、高く評価した。

 現況の植生管理などを確認する関係者(前開作左下ため池で)

カテゴリー:アーカイブ2006年3月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ