山陽小野田市小中5校で校長交代

山陽小野田市関係の二〇〇六年度教職員異動(四月一日付、小・中学校、事務局)は百五十八人で、〇五年度より五十六人多い。小野田、山陽地区の人事交流を図るとともに、同一校に七年以上勤務する教員を積極的に動かした。小野田地区の小学校四校に特殊学級(情緒障害学級)を新設する。校長は小学校四校、中学校一校で代わる。(7面に名簿) 学級数は小学校が三学級増の百四十七、中学校が二学級減の六十八。これに対する定数は小学校が五人増の二百三十三人、中学校が六人減の百三十六人となる。 校長異動は、厚狭教育事務所管内(宇部市)から一人、管外から四人が転入する。現職では、高泊小の岸田カナヱさんが県教育庁義務教育課、厚陽中の西村直記さんが同防府分室、赤崎小の光廣久夫さんが宇部・川上小へ動く。須恵小の吉岡武臣さん、出合小の末冨俊二郎さんは退く。 教頭異動は小学校が埴生、津布田、高千帆、小野田、本山、厚陽の六校で、中学校は高千帆、小野田の二校。教諭は市内転が三十五人。管内転入が七人、転出が十一人、管外転入、転出とも六人。新規採用者は四人で、高千帆小に二人、小野田小、出合小に各一人。 加配総数は三人増の三十六人。児童生徒支援関係は須恵小、高千帆中、小野田中、竜王中。少人数授業関係は小学校十校、中学校五校。高千帆小が二人になり、赤崎小に新しく配置。松原分校小学部に特別支援コーディネーターを置き、要請に応じ各校で指導に当たる。 事務局は、管外の小・中学校への転出に伴い一人を採用する。 養護教諭は転任、転入が各一人。学校栄養職員は転任二人、転入一人。事務職員は転任四人、転入一人。

カテゴリー:アーカイブ2006年3月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single