山陽小野田市で市民憲章起草協議会発足

 山陽小野田市の市民憲章の制定に向け、民間による「市民憲章起草協議会」が十七日、発足した。高校生、大学生から老人クラブまで幅広い年代の二十九団体が参画し、多くの市民の意見、アイデアを参考に、新市を象徴し、市民の心に宿る憲章づくりに取り組む。会長に樋口晋也さん(小野田商工会議所青年部)を選んだ。
 作業の流れは、市民から受け付けた意見を基に、協議会で市民憲章を作成し、市に提案する。四月二日付の市広報配布に併せ、まちのイメージや自慢、残したいもの、昔のまち、現在のまち、将来のまちへの思いをつづってもらう原稿募集と募金への協力を呼び掛けるチラシを全戸配布する。締め切りは六月三十日とする。問い合わせは起草協議会事務局の小野田商工会議所(電話84-4111、ファクス84-4180)、山陽商工会議所(電話73-2525、ファクス73―2526)へ。

 今後の取り組みについて話し合う委員(市商工センターで)

カテゴリー:アーカイブ2006年3月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single