琴崎八幡宮 七五三参りでにぎわう

 十五日の「七五三」を前に、宇部のうぶすなの神、琴崎八幡宮(白石正典宮司)は、お参りに訪れた多くの家族連れでにぎわっている。十二日も朝から、着物で着飾った子供たちが親に手を引かれ、千歳あめを手に笑顔いっぱい。きょう、あすと来週末がピークになりそう。七五三は、数え年で三歳と五歳の男の子、三歳と七歳の女の子の成長と守護を願うもの。少子化でお参りに訪れる親子連れは減少傾向。分散化も進み、交通整理が出るほどのラッシュはなくなっている。

 子供の成長を願い、参拝に訪れた家族連れ(12日午前10時ごろ、琴崎八幡宮で)

カテゴリー:アーカイブ2005年11月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ