地元農産物直売所「楠四季彩市」は12月3日開店

 宇部市が、旧楠町青果市場を改装して開設する地元農産物直売所の詳細が決まった。「楠四季彩市」として、十二月三日に開店。管理と運営に当たる地元生産者団体の名称も楠四季彩市運営委員会に決まり、会長には國吉至さん(船木)が就任した。
 十二月三日はオープニングセレモニーの後、正午ごろに開店。翌日から通常営業で、開店時間は午前九時から午後四時まで。定休日は水曜日。あす十三日に市楠総合センターで行われる「くすのき芸文フェスタ」でもPRを兼ねて販売する。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single