豪華客船の見学会は希望者全員OK、奄美大島クルーズは残り10室

 大型豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」の船内見学会が、十七日に芝中ふ頭で行われる。四百人の募集に対して、一・七倍に当たる六百八十一人(二百三十三組)が応募。船会社の計らいで、全員が乗船できることになった。奄美大島への市民クルーズ(十八-二十日)は、あと十室の空きがある。
「東洋のガラパゴス」と呼ばれる奄美大島へのクルーズは、市合併一周年記念市民クルーズとして実施。十八日午前十時に宇部港を出港し、翌十九日午前九時、奄美大島の名瀬港に着く。同日午後六時に出港し、二十日午後五時、宇部港に戻る予定。船内二泊で、洋食のフルコースと懐石風料理の夕食のほか、朝食二回、昼食三回付き。航海中には、ボージョレ・ヌーボーの解禁パーティーや、バイオリンとピアノ演奏会もある。申し込み、問い合わせは市交通局(電話31-2442)へ。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ