山陽小野田市議会が特別職の報酬削減など33議案可決

 十月定例山陽小野田市議会は十一日、本会議があり、一般会計補正予算、指定管理者指定手続き条例、特別職の報酬カットなど三十三議案を原案通り可決し、閉会した。
 特別職の報酬は、報酬等審議会の答申を反映し、市長、助役は15%、教育長、水道局長は5%、市議は旧小野田市議の報酬をベースに25%を、それぞれ削減するもの。財政危機を乗り切るための暫定措置だが、県内十三市では最低額になる。議員報酬に関しても大きな反発はなく、三人が賛成討論をした。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single