市ごみ処理計画で家庭可燃ごみ量を1人1日542.9グラムから486.6グラムに修正

 宇部市は、二〇一五年度を目標年度とする市ごみ処理基本計画について、一般家庭から排出される燃やせるごみの量を、一人一日五百四十二・九グラムから四百八十六・六グラムに変更する。分別収集の徹底や指定袋制度の導入により、減量効果が上がったため、ハードルを高くした。
 ごみ処理基本計画は、市のごみの排出、処理に関する長期ビジョンとして二〇〇一年度から一五年度までを計画期間に策定。ごみの減量、再資源化を目標に、家庭ごみ、事業系ごみの排出目標値や、それを実現するための具体的な施策を盛り込んでいる。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ