宇部市とJA山口宇部が栽培契約

 学校給食への地元農産物のさらなる導入に向け、宇部市とJA山口宇部(吉本正夫組合長)が、地元産の供給を安定的に確保するための栽培契約を交わす。生産者に今まで通りの市場出荷分に加え、給食用にも栽培してもらうもので、子供たちへの食育のほか、生産現場の活性化にもつながるなど、両者にメリットが期待できる。調印式は、十八日午前十時からJA山口宇部本所で開かれる。

カテゴリー:アーカイブ2006年3月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ