福祉のまつり、8000人の市民でにぎわう

「こころの架け橋-ひと・ふれあい・ボランティア」をテーマに、第二十一回福祉のまつりが十二日、宇部市の福祉会館で開かれた。協力団体を含め六十団体がスタッフとして参加し、バザーやステージなど多彩なイベントを展開。肌寒さを吹き飛ばすように、約八千人の市民でにぎわった。市社会福祉協議会(中村勝人会長)、同実行委員会(中野リヱ子委員長)主催。

 ステージでのダンスを楽しむ市民ら(福祉会館で)

カテゴリー:アーカイブ2006年3月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single