マツダ財団の助成対象に山大工学部・上村教授と比嘉助教授の研究

 マツダ財団の二〇〇五年度研究助成対象に、山口大工学部の上村明男教授と比嘉充・助教授の研究が選ばれた。
 同財団は科学技術振興と青少年健全育成の二部門で将来、有望な研究に対して毎年、助成している。これまでの二十一年間で千百六十四件、総額十億七千十万円に上る。
 上村教授は「有機触媒を用いた廃ポリエステル樹脂の画期的解重合反応とリサイクル技術の確立」の研究で百七十万円、比嘉助教授は「ナノクラスター構造を有する新規固体高分子電解質を用いたダイレクトメタノール型燃料電池の開発」の研究で百万円が助成される。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single