中野開作亀齢クラブが健康体操で体力増進

 昨年十月から今年二月までの計五回、ご近所ネットワークづくり事業で「健康づくりリーダー研修」に取り組んできた黒石校区。老人クラブ・中野開作亀齢クラブ(杉山和文会長、約七十人)は八日、中野開作公会堂で月一回開く集会「ちどり会」の場で、研修で学んだ健康体操を初めて実践し、体力アップに役立てた。
 参加者約五十人は、首や背中などの筋肉を伸ばすストレッチ、足・腰を鍛える運動に取り組んだ。「体を動かし健康であれば、自然と転倒予防などにもつながる。みんなで、元気になる体操を続けていき、中野開作の高齢者は、いつまでもはつらつとしていると言われるように頑張りたい」と杉山会長は意欲満々だ。

 杉山会長にアドバイスを受けながら、健康体操を行う中野開作亀齢クラブのメンバー(中野開作公会堂で)

カテゴリー:アーカイブ2006年3月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single