岬少年野球クラブが創立30周年祝いみこし新調

 岬少年野球クラブ(村岡慎太郎代表、十五人)は三日、新調したみこしを担いで校区内を元気に練り歩き、地域住民を喜ばせた。
 同クラブは毎年、宇部まつりに参加しない代わりに、みこしを担いで町内を回り、地域の人たちとのきずなを深めている。今年は、クラブの創立三十周年を記念してみこしを新調。メンバーと保護者らで一カ月かけて作り上げた。クラブの発展を願って、新しいみこしのてっぺんには不死鳥の飾りを付けた。また、カラフルな紙の花をたくさん付けて目立つようにした。

 創立30周年の記念にみこしを新調した岬少年野球クラブのメンバー(岬ふれあいセンター前で)

カテゴリー:アーカイブ2005年11月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single