宇部興産がケミカル事業拡大へ

 宇部興産(田村浩章社長)は一日、宇部ケミカル工場での炭酸ジメチル(DMC)の増産と、シュウ酸ジメチル(DMO)の製造設備の新設を発表した。いずれも、国内をはじめとするアジア地域の需要増大に対応するためで、来年六月から本格稼働を予定している。投資額は約七億円。
 DMCは、リチウムイオン二次電池用電解液、半導体・液晶の現像液などの電子材料向け用途や樹脂原料で、生産量を年間一万トンから一万五千トンへ引き上げる。DMOは、医・農薬や肥料の原料。年間一万トンの生産態勢とし、社内利用と社外販売を手掛けていく。

カテゴリー:アーカイブ2005年11月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single