山陽小野田市、PFIケアハウス譲渡代金不払いも

 山陽小野田市の白井博文市長は、PFI(民間資金活用による社会資本整備)方式を導入して建設した新型ケアハウスについて、六億五千万円の譲渡代金を支払わない可能性があることを示唆した。三位一体改革で国の補助金が削減されたリスク負担をめぐり、事業者と交渉しているが、決裂した場合は訴訟も辞さないという。市議会一般質問二日目の二十八日、山田伸幸議員(共産)の質問に答えた。

カテゴリー:アーカイブ2005年10月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single