山陽小野田市が財政の「非常事態宣言」

 山陽小野田市の白井博文市長は、二〇〇六年度の予算編成に当たる年末から年明けにかけて、市財政の「非常事態宣言」を打ち出すことを明らかにした。危機的な財政状況、赤字再建団体への転落を回避するため、最大限の行政努力はもちろん、市民に対しても、予算の不足分の負担を申し出るという。一時的な行政サービスの低下、職員給与の大幅カットも視野に入れており、その額は十数億円が見込まれる。市議会一般質問初日の二十七日、高松秀樹議員(刷新)の質問に答えた。

カテゴリー:アーカイブ2005年10月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single