宇部市内520ヵ所の「子ども110番の家」に通報手順表など配布

 宇部市地域の安全づくり連絡協議会(小川裕己会長、五団体)は、子供たちが安心して通学できる環境づくりを強化するため、「子ども110番の家」のマニュアルと通報手順表を作成した。市内に約五百二十カ所(二月現在)ある同家に配布。看板六十四枚も製作して設置を進める。
 通報手順表には、110番通報の際に落ち着いて行動できるように、伝えなければならない住所、電話番号などを書き込むようにしている。二十八日に市男女共同参画センターで宇部署生活安全課の西村清彦係長を招いて研修会を開催。各校区の地域活動連絡協議会を通じて配布する。看板は子供に親しめるように「カッタ君」をデザイン。三月五日に仕上げて希望する110番の家に配る。

 看板の図案

カテゴリー:アーカイブ2006年2月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ