「認定新商品随意契約制度」で5商品指定

 宇部市は二十三日、初めて募集した「認定新商品随意契約制度」の審査結果を発表した。中小企業が生産した商品を、競争入札を経ないで購入できる制度で、五事業者を認定し、発光ダイオードを使った商品や吸水型の土のうなど、五商品を指定した。関係部署に働き掛けて受注実績をつくり、販路開拓を支援していく。
 指定を受けたのは▽エムテック(宮本正昭社長)の白色発光ダイオードを採用した独立電源式省エネ照明装置「太陽光発電式白色LED街灯」▽コールUBE(安井滋代表)が市発展の原動力となった石炭を磨きこんで原石にしたアクセサリー「モエルストン」▽中村建設(中村廣義社長)の水に浸すだけで体積が二十倍に膨らむ海水・真水両用吸水土のう「水ピタ」▽藤井電業社(藤井功社長)が生産する有線・無線によるデータ伝送対応の高輝度発光ダイオード電光表示板「LED電光表示板」▽ユキ商会(小林幸利社長)が天然の樹木から独自の抽出方法で採取したエキスとショウガ科の根茎エキスをブレンドした、自然植物活性エキス「夢-7」。

 第1回の審査で指定を受けた商品

カテゴリー:アーカイブ2006年2月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ