産業支援協議会が新ビジネス求め中国視察

 宇部地域産業支援協議会(藤村光寛会長)は、中国でのビジネスチャンスの創出や今後の中国企業とのかかわりを学ぶため、三月十九日から二泊三日で上海市と紹興市の視察ツアーを行う。産学連携の現状も視察し、宇部での推進に役立てる。
 二十日は先進技術を集め、紹興市の経済発展の核となっている袍江(パオジャン)工業区をはじめ、中小企業数社を視察する。二十一日は上海市。JETORO上海センターで中国経済の現状を学んだ後、中国全土から優秀な学生が集まっている復旦大、科学技術分野で実績を上げてきた上海交通大を視察し、積極的に展開しているという産学連携の実情を探る。

 

カテゴリー:アーカイブ2006年2月23日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ