山陽小野田市議会、正副議長決まる

 十月定例山陽小野田市議会は二十五日開会し、議案審議の前に正副議長選挙を行い、大空軍治議員(64)を議長に選んだ。副議長は硯谷篤史議員(53)に決まった。この日までに会派構成も確定し、五会派になることが分かった。二十六日には委員会人事が決まる。
 議長選は有効投票数中、大空議員十三票、河村雅伸議員十二票、無効票二票と接戦。就任に当たり、大空議長は「中立を守り、活性化させ、市民が見てやる気のある議会を運営したい。これまでの経験を生かして職責を全うしたい」と決意を語った。行財政改革、議員定数の削減にも取り組み、検討委員会を立ち上げたいとした。

 大空軍治議長

硯谷篤史副議長

カテゴリー:アーカイブ2005年10月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ