山陽小野田市06年度予算案発表、一般会計は255億4700万円

 山陽小野田市は二十三日、二〇〇六年度の当初予算案を発表した。一般会計は二百五十五億四千七百万円で、〇五年度より十七億五千三百万円(6・4%)減。「改革元年予算」と位置付け、義務的経費を徹底的に見直し、普通建設事業費を厳選する超緊縮型で編成した。当初予算案は職員給与の10%カットを前提に編成していたが、職員組合との交渉の結果、十七日に5%で妥結。約二億五千万円の増額分は補正で対応するため、三月二日に開会予定の市議会に当初予算案と補正予算案を上程する異例の事態となる。
 行財政改革による歳入確保、歳出削減効果は、補正対応による実質ベースで当初の十五億円から十二億五千万円になるが、懸念されていた財源不足はかろうじて補った形になる。

 

カテゴリー:アーカイブ2006年2月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single