県高校ロボット大会で小野田工F-12が特別賞

 県高校ロボット競技大会(県工業教育研究会など主催)は二十二日、小野田工高で開かれ、県内の工業高校などの生徒たちが自慢のメカの性能を競い合った。
 小野田工の上田悠介君(機械科三年)と中國剛志君(同)が操ったF-12は、段差の上を自由に走れる特殊なタイヤが評価され、特別賞を受賞した。

 自慢のメカを操る小野田工の生徒(小野田工で)

カテゴリー:アーカイブ2005年10月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ