寺本さんが画業50周年祝う個展、スペインの風景など350点

 スペインの風景や日常生活を描く宇部市川上の画家、寺本美昭さん(72)は、画業五十周年の節目を飾る個展を、三月一日から山口市阿知須のサンパークあじすで開く。「画業五十年の歩み」をテーマに、三百五十点を出展し、描き続けた半世紀を振り返る。十二日まで。
 寺本さんは一九三三年、宇部市生まれ。画家の三戸了一さんに師事し、北九州絵画ビエンナーレ、日本版画協会展、国画会展などで入選。宇部市の菊川画廊や宇部井筒屋を中心に、周南市や福岡県北九州市でも個展を開いてきた。「数々の異文化に触れることで制作意識が大きく変わった。これからは自分の気持ちをうまく作品に表現できるよう、また、真の芸術に近づけるよう精進したい」と、ますます意欲を燃やしている。

 画業50周年という節目の個展を開く寺本さん(川上のアトリエで)

カテゴリー:アーカイブ2006年2月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single