介護保険料、4月から値上げ

 二〇〇五年度第三回宇部市高齢者保健福祉計画策定懇話会(河合伸也会長、二十人)は二十日、市シルバーふれあいセンターで開かれ、介護保険法改正に伴う第三期(〇六-〇八年度)の介護保険料案について、市が説明した。保険給付の半額は公費、残る半額は被保険者の保険料で負担しており、このうち六十五歳以上の負担割合が18%から19%に増える影響で、保険料は四月から約5%(基準額で年二千四百円、月二百円)値上がりする。
 所得段階に応じて従来の六段階から八段階に細分化し、高所得の場合は最大20%のアップ。楠地域は合併前の旧楠町の保険料を適用していたが、今回の改正で統一するため、値上げ率は基準額で16・4%、最大で55・1%になる。条例改正案を三月定例市議会に上程し、承認を得た上で実施する。

 

カテゴリー:アーカイブ2006年2月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single