くすのき温泉スタンド利用開始

宇部市万倉にある「くすのき温泉」の温泉スタンドが、十九日から利用できるようになり、隣接した万倉デイサービスセンターにも温泉の配給が始まった。同日、揚湯施設などの完成と利用開始を祝うオープニングセレモニーが行われた。 式典には地域住民ら約五十人が出席。足湯イベント実行委員会の山本哲也委員長が「市民の交流、触れ合いの場として活用したい」、むらづくり会社設立準備会の国吉至副会長は「これを起爆剤に地域の活性化に取り組みたい」とあいさつした。来賓の藤田忠夫市長と岩村実市議会議長が「農業振興の大きな成果で、飛躍の第一歩。民営に向けて準備が進むことを期待している」と祝辞。テープカットをした。

 利用開始した温泉スタンド

関係者によるテープカット(宇部市万倉で)

カテゴリー:アーカイブ2006年2月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ