「月待ちがにせんべい」が県特産品奨励賞に

 今年度の県特産品振興奨励賞に宇部市の「月待ちがにせんべい」など三市の四点が選ばれた。県観光交流課が十八日発表した。
「月待ちがにせんべい」は宇部市で水揚げされた「月待ちがに」(ガザミ)を原料に、かにソースを作り、生地に練りこんだせんべい。神原町の社会福祉法人、南風荘(小林俊明理事長)が手掛け、昨年十一月三日の宇部まつりから販売している。一箱十二枚入り六百三十円。二十四枚入り千二百六十円(いずれも税込み)。月産四千箱。南風ふれあいのお店、山口宇部空港、新山口駅、フジグラン宇部店、道の駅きららなどで扱っている。

 県特産品奨励賞に輝いた「月待ちがにせんべい」

カテゴリー:アーカイブ2005年10月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ