23日の障害者の祭典で、現代日本彫刻をガイド

障害者の祭典「はぁ~とofふれんず2005」は、二十三日午前十時から常盤公園で開かれる。園内の宇部市野外彫刻美術館で開催中の第二十一回現代日本彫刻展を若い世代で盛り上げ、祭典でPRしようと、市内と近郷の学生十二人が十六日、現地で彫刻のガイド研修を受けた。祭典当日は学生たちが展覧会場に立ち、自分の言葉で来場者に作品を紹介して、障害の有無にかかわらず多くの人が彫刻作品に親しめるようにする。 はぁ~とofふれんずでは、障害者による作品展示や表現活動をはじめ、さまざまな市民団体が活動紹介やパフォーマンスを繰り広げる。健康まつりや彫刻展とも連携し、盛大に行われる。

 安井会長(右)の説明を聞くなどして出展作への興味を深める学生たち(常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年10月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ