04年度宇部市休日・夜間診療、1万1千人(前年度比336人増)が受診

 宇部市休日・夜間救急診療所運営協議会が九日、市シルバーふれあいセンターで開かれた。二〇〇四年度の同診療所受診者は一万一千八百七十五人で、前年度より三百三十六人増加。科目別では小児科が圧倒的に多く、全体の64・9%を占めた。
 出席委員は十人。事務局の市健康推進課と消防本部が、受診や救急出動の状況について説明した。〇四年度の診療所受診者は歯科以外、すべての科目で前年度を上回った。日中で最も多かったのは小児科で、一日平均六十一・二人。続いて、内科の二十八・九人、外科の十五・六人だった。夜間では小児科が一日平均十一・二人、外科が四・〇人。曜日別では午後休診の病院が多い木曜日と土曜日が、ほかの曜日の約二倍に達した。

カテゴリー:アーカイブ2006年2月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ