渡場郵便局で強盗訓練

山陽小野田市の渡場郵便局(大和幸治局長)で十三日、模擬強盗訓練が行われた。厚狭警察署の指導の下、局員たちは連携を確かめ合い、金融機関を狙った強盗事件が増える年末に向けて気を引き締め直した。 犯人役は厚狭署員、人質役は山陽地区金融防犯協力会(松永道弘会長)の職員が務めた。

 犯人に現金の入ったかばんを渡す大和局長(渡場郵便局で)

カテゴリー:アーカイブ2005年10月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single