見初の健康教室で「マツケンサンバⅡ」猛特訓

 腰をひねって「オーレッ!」の決めポーズ。見初校区の健康教室「悠・遊・裕クラブ」(原田孝子代表、三十五人)は「マツケンサンバⅡ」を特訓中だ。ボンボンを両手に、五十代から八十代までの会員たちが楽しくステップを踏んでいる。
 会員たちは「南蛮音頭」から、鳴子を手にしたアレンジ曲の「NANBA」、「きよしのズンドコ節」まで、これまで十曲近くの踊りをマスターしている。原田代表は「レパートリーに加えて、親和会や市老連の行事、地域の老人保健福祉施設でも披露していきたい」と張り切っている。

 踊りを練習する会員たち(見初ふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2006年2月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ