まちづくり学級が新年度から全24校区に拡大へ

 今年度から目的を新たにスタートした宇部市の「まちづくり学級」は、各校区で最終講座を迎えているが、地域ごとに特色ある学習活動が進められ、古里の再発見や人材の発掘などの成果につながったようだ。所管の市地域コミュニティー推進室は、新年度から楠地区を含む全二十四校区に拡大し、裁量権をより地域に委ねた形で運営するよう検討している。
 開設趣旨を「地域づくりに関する学習を通して、地域で主体的に行動する市民を育成し、心豊かな地域づくりを進める」とし、これまで成人教育推進事業の一環として開いてきた「まちづくり学級」と「成人学級」を一本化。旧市内二十一校区で開催されてきた。既に終わった校区もあるが、二月中に七校区、三月中に一校区が閉講する。

カテゴリー:アーカイブ2006年2月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ